世界へ発信!ウェブサイトをグローバル化しよう

サイトを世界へ発信したいインターネットが普及したことにより世界中の人とやり取りが簡単に出来るようになりました。しかし、世界へ情報を発信するには日本語だけでは不完全です。特に英語が出来れば便利ではありますが、折角作ったサイトをまた新たに英語向けに作り直すのも手間です。それに翻訳するとなると英語に自信がなければ難しいものです。そこで便利なのが自動翻訳サービスです。既存のサイトへ導入するだけで簡単にサイ…

続きを読む

世界へ発信!ウェブサイトをグローバル化しよう

サイトを世界へ発信したい

インターネットが普及したことにより世界中の人とやり取りが簡単に出来るようになりました。しかし、世界へ情報を発信するには日本語だけでは不完全です。特に英語が出来れば便利ではありますが、折角作ったサイトをまた新たに英語向けに作り直すのも手間です。それに翻訳するとなると英語に自信がなければ難しいものです。そこで便利なのが自動翻訳サービスです。既存のサイトへ導入するだけで簡単にサイト全部を翻訳出来ます。外部サービスを利用するだけで良いので導入も手軽ですし、自分で翻訳する必要が無いので無駄なコストをかけることなく効率よく全世界へサイトを公開することが出来ます。

サイトの翻訳をするには

自分で翻訳して英語のサイトを用意するのも良いでしょうが、誤訳を生む可能性や余計なコストや時間がかかってしまいます。そんな時にサイトを自動で翻訳できるサービスを利用するとより早く効率よくサイトを翻訳することが出来ます。また、サービスによっては訪問者の国ごとに適切な言語へと自動で翻訳してくれるので、言語ごとにサイトを用意する必要が無いのも利点です。世界中の多くの人へ自分のサイトを見てもらう事を意識するのなら多くの言語で情報発信すると良いでしょう。ただ、こうした翻訳サービスを利用するには費用がかかるケースがあり、サービスによって機能や価格が違うので自身が納得いく物を使うようにしましょう。グローバルなサイトを目指すにはこのような言語翻訳サービスは大きな助けとなるはずです。

多言語サイトとは、使用しているブラウザの設定、あるいはメニューなどの機能によって、デフォルトの言語での表示からユーザーの希望する言語での表示に切り替えることができるサイトのことです。

家具や家電の位置を確定させよう!!荷解きは使うものから行おう!!

大きな家具や家電の配置を確定させる引越しをするとき、まず旧居で荷造りをします。その後業者が荷物を運び出してくれ、新居では荷物の運び入れをしてくれます。最もシンプルなサービスは荷物の運び入れまでなので、それ以降は自分たちで作業をしなくてはいけません。荷解きをしたり、片付けが必要になります。やりがちなのはその辺りにある段ボールを適当に開けてそれから片付けようとする行為です。段ボールの中身は細かい荷物に…

続きを読む

家具や家電の位置を確定させよう!!荷解きは使うものから行おう!!

大きな家具や家電の配置を確定させる

引越しをするとき、まず旧居で荷造りをします。その後業者が荷物を運び出してくれ、新居では荷物の運び入れをしてくれます。最もシンプルなサービスは荷物の運び入れまでなので、それ以降は自分たちで作業をしなくてはいけません。荷解きをしたり、片付けが必要になります。やりがちなのはその辺りにある段ボールを適当に開けてそれから片付けようとする行為です。段ボールの中身は細かい荷物になり、いきなり荷解きをすると散乱して大変になります。まず段ボールはそのままにしておき、大きな家具や家電の配置を行います。事前に計画を立てていれば、引越し業者に所定の場所に置いてもらうことができます。これで自分たちで重い荷物を移動させる手間がなくなります。

使うものから優先的に開けていく

引越しの荷造りの鉄則として、使わないものから行うとされています。洋服なら、今とは逆の季節のものから行っていきます。食器類なら客用の物などから行うようにします。そして最後に普段使っているものを荷造りします。普段使うものから荷造りすると、また開けたりしまったりをしないといけないからです。逆に荷解きをして片付けをするときは、よく使うものから荷解きをします。洋服なら今の季節のものを整理し、食器なら普段食事につかうものから出していきます。今着ない洋服や使わない食器は、必ずしも今すぐ片付ける必要はありません。まず生活ができる準備が必要になります。使わないものはしばらく段ボールのままにしておき、時間があるときに少しずつ片づけるようにします。

不用品の回収は、大きな家具や家電などを持って行ってもらう事が可能で、回収手数料が品によって異なる点には注意しましょう。

フランチャイズの活用法!経験なしでもビジネスが始められる!

フランチャイズは初心者でも大丈夫フランチャイズは本部が集めた知識やノウハウを、お金を払うことで活用することができます。本来であれば失敗を繰り返しながら乗り越えていくことを、経験なしに成功のノウハウを手に入れることが出来るのです。すでに儲けが出ることが分かっているビジネスモデルですので、失敗することが少ないです。そのため初心者にとっても参入しやすいビジネスになっています。ノウハウだけでなく具体的な戦…

続きを読む

フランチャイズの活用法!経験なしでもビジネスが始められる!

フランチャイズは初心者でも大丈夫

フランチャイズは本部が集めた知識やノウハウを、お金を払うことで活用することができます。本来であれば失敗を繰り返しながら乗り越えていくことを、経験なしに成功のノウハウを手に入れることが出来るのです。すでに儲けが出ることが分かっているビジネスモデルですので、失敗することが少ないです。そのため初心者にとっても参入しやすいビジネスになっています。

ノウハウだけでなく具体的な戦略も併せ持つ

フランチャイズの良いところは資金調達から、仕入れ先までしっかり整備されている所です。資金調達の方法が分からなくて、ビジネスが始められないということがありません。具体的にどの場所に出店すればいいか、何を仕入れればいいかなども本部からのアドバイスを受けることもできます。仕入れ先を開拓したり、戦略を練る必要がないのです。成功までの時間はかなり省略できます。任せられることは本部に任せて、自分ができることに集中するビジネスができるのです。

フランチャイズの強み

ビジネスで困ったときに相談できるのは、フランチャイズの強みです。間違った方向にいっている場合も注意をしてくれます。売り上げなどから分析して、注意を促すのです。傾き始めたビジネスを立て直すのは難しいですし、誰も傾いていることに気づかないことが多いです。フランチャイズであれば、そうなる前に気を付けるように言われるでしょう。傾く前であれは手は打てます。どのような手段がいいかも相談することはできるのです。自分では改善策が思い付かなくても、策を講じることができるのはフランチャイズだけかもしれません。

代理店を媒介としてサービスや商品を販売していく事によって、より多くの利益を生み出せるようになります。

理想的で持続可能な事業承継の「出口」とは?!

年々減少する親族への事業承継企業を持続させながら後継者に経営権をバトンタッチする事業承継は、中小企業のオーナー経営者が抱える大きな課題のひとつです。20年余り前は事業を承継するのは経営者の子どもや兄弟など、いわゆる親族内承継85%を占めていました。しかし現在では親族内承継は35%にまで減少し、親族外承継が65%に上昇しています。事業承継の出口は限られている親族外承継の方法は、社内の親族以外の役員や…

続きを読む

理想的で持続可能な事業承継の「出口」とは?!

年々減少する親族への事業承継

企業を持続させながら後継者に経営権をバトンタッチする事業承継は、中小企業のオーナー経営者が抱える大きな課題のひとつです。20年余り前は事業を承継するのは経営者の子どもや兄弟など、いわゆる親族内承継85%を占めていました。しかし現在では親族内承継は35%にまで減少し、親族外承継が65%に上昇しています。

事業承継の出口は限られている

親族外承継の方法は、社内の親族以外の役員や従業員から選ぶ、もしくは外部から経営者を入れる方法です。このほか会社を譲渡するM&Aという選択肢もありますが、いずれにしても事業承継の出口はこれらの中から経営者自身が選らばなければなりません。

親族内承継が減少した要因は?

かつては大半の会社が選んでいた親族内承継は、なぜ急激に減少したのでしょうか。いくつかの原因がありますが、ひとつは少子化の影響でそもそも継がせるべき子どもが減少していることが挙げられます。また、職業の選択肢が増え、子どもが大手企業で重責を担っていたり、医者や技術職など専門的な仕事に就いていて現場を離れられないという場合もあります。また「子どもには自分で選んだ道を進んでほしい」「先行きが不安で継がせたくない」「子どもは経営者の器ではない」という親心も垣間見ることができます。

役員や従業員への承継で注意すべきポイント

親族以外の社内の役員や従業員から後継者を選ぶ場合、できるだけ早期に後継者選びに着手した方が賢明です。後継者候補を決め、早めに社内に周知することで派閥争いなど無用な混乱を食い止めることが可能です。また事業承継に早く着手することで、後継者候補の力量を十分に見極めることができます。時間に猶予がない場合、もし後継者候補の力量不足が露呈した場合、別の候補を選びなおすことができません。

事業承継を行うにはこれまでの業務内容を具体的にマニュアル化する必要があります。客観的に読んで理解できるマニュアルを制作しましょう。