タイムカードはアプリで管理、ペーパーレスで簡便に!

タイムカードアプリで簡単に勤怠管理をしようタイムカードを使って勤怠管理をするのはごく自然なことですが、打刻漏れや他人に頼んで押してもらうなど不正を働く事も可能でした。管理も大変で一枚一枚職員のデータを管理するのも労力がかかるものです。そこで便利なのがタイムカードアプリです。タブレット内に専用のアプリを導入することで簡単に勤怠管理を行えるのです。画面をタップして出勤、退勤を管理できてそれらのデータを…

続きを読む

タイムカードはアプリで管理、ペーパーレスで簡便に!

タイムカードアプリで簡単に勤怠管理をしよう

タイムカードを使って勤怠管理をするのはごく自然なことですが、打刻漏れや他人に頼んで押してもらうなど不正を働く事も可能でした。管理も大変で一枚一枚職員のデータを管理するのも労力がかかるものです。そこで便利なのがタイムカードアプリです。タブレット内に専用のアプリを導入することで簡単に勤怠管理を行えるのです。画面をタップして出勤、退勤を管理できてそれらのデータを外部ファイルへと出力できるのでデータ管理をよりしやすく出来るのです。また、職員の多さや勤務時間帯の違いにより勤怠状況が把握しづらい時でもタイムカードアプリがあれば簡単に管理ができます。タップするだけなので不安に思うかも知れませんが、きちんと対策が施されています。

タイムカードアプリだから出来る事

タイムカードアプリはタップするだけなので簡単に勤怠管理が出来るのですがタップするだけでは本当に本人がタップしたか確認が出来ないのではと不安に思うかも知れません。実はタイムカードアプリには特殊な機能があります。タップすると同時にカメラが起動してタップした人の顔を撮影します。これで本人がタップしたかの確認をすることが可能です。また、表情を認識して笑顔を認証するなどの機能も備わっているアプリまで存在します。アプリによって機能や価格も違いますが、アプリによって便利になることは紙媒体よりも手軽にデータの管理がしやすい点です。勤怠管理をより簡単に、顔を撮影して不正を行えないようにしているのでより正確に把握ができることでしょう。

タイムレコーダー アプリは端末からデータ管理が出来るので現場から離れていても出退勤の確認が容易です。また、セキュリティシステムと連動しているのでデータ改ざんの危険が無いのも仕事に適している理由です。