報酬にはどんな種類がある?活動の仕方にも違いがあるの?

固定報酬型と成果報酬型がある家賃などは毎月同じ金額です。コストとしては固定費の部類になるでしょう。水道光熱費や電話料金などは、固定費と使った分に応じた料金に分かれています。広告費などは、実際に使った費用が経費になります。サービスの中に営業代行があり、プロの営業マンに自社商品の販売などをしてもらえます。この時の経費の掛かり方として、固定報酬型と成果報酬型があります。固定報酬型は、売上の結果に関わらず…

続きを読む

報酬にはどんな種類がある?活動の仕方にも違いがあるの?

固定報酬型と成果報酬型がある

家賃などは毎月同じ金額です。コストとしては固定費の部類になるでしょう。水道光熱費や電話料金などは、固定費と使った分に応じた料金に分かれています。広告費などは、実際に使った費用が経費になります。サービスの中に営業代行があり、プロの営業マンに自社商品の販売などをしてもらえます。この時の経費の掛かり方として、固定報酬型と成果報酬型があります。固定報酬型は、売上の結果に関わらず毎月一定の報酬を支払います。人手を補うときなどにはこちらが良いかもしれません。成果報酬型は、売上によって報酬が変わるタイプです。市場を拡大したいとき、新たな市場に参入するときなど確実に売上が必要な時にはこちらでしっかり売上拡大を狙うのがいいでしょう。

単独行動するかチームでの活動か

会社は組織になっていて、複数の人が関わりを持ちながら仕事をします。営業を行う部署は営業部で、商品別、地域別などでグループが分かれています。管理職を筆頭に、実際に現場に出る営業担当者などが活動をして売上達成を目指します。この時に十分な営業担当者がいないなら、営業代行サービスを利用するかもしれません。依頼をすると、目的に合った担当者が来てくれます。来てくれる営業担当者の活動としては、まずは単独で活動する人です。その人自身のノウハウで、個人でどんどん売り上げを上げるための活動をします。そのノウハウを教えてくれるときもあります。それ以外には、社員と同じチームの一員としての活動があります。チームの中で役割を果たすべく活動をしてくれます。

営業代行は、営業活動を代行すること、あるいは営業の代行を引き受けてくれるサービス自体を意味する言葉です。