社内報とは何か?徹底的に解説していきます!

社内報って一体なに?社内報は社内広報を略した言い方です。会社の中にある社内新聞や社内冊子など広報ツールのことをいいます。社内報は会社で働いている社員へ発信される情報で、会社の方針や企業文化、コミュニケーションの役割を担っています。社内報を活用した新しい価値づくりを進めていこうとする動きが活発になっています。なぜ社内報が必要なのか社内報は会社の経営方針や社長の経営理念を伝える大切な役割を果たしていま…

続きを読む

社内報とは何か?徹底的に解説していきます!

社内報って一体なに?

社内報は社内広報を略した言い方です。会社の中にある社内新聞や社内冊子など広報ツールのことをいいます。社内報は会社で働いている社員へ発信される情報で、会社の方針や企業文化、コミュニケーションの役割を担っています。社内報を活用した新しい価値づくりを進めていこうとする動きが活発になっています。

なぜ社内報が必要なのか

社内報は会社の経営方針や社長の経営理念を伝える大切な役割を果たしています。会社が抱える課題やビジョンは、社長が簡単に社員に伝えきれるものではありません。大企業の場合は社員の人数が多いため、1人1人の社員が会社に対しての影響を薄く感じてしまうこともあり、目的を見失ってしまうことも考えられます。社内報を通じて会社の向う目的が分かれば、自分がしなければいけない役割を明確に捉えることができます。

2つめに社内報があることによって、社員間のコミュニケーションを進めていく役割をもっています。従業員の数が多い会社や拠点が分かれている会社では、従業員の間で面識が薄いことがあります。会社に入ったばかりの新入社員や他の部署から異動してきた人にとっては、自分の担当する部署はどんな仕事をするのか、従業員はどんな人がいるのかなどを知ることに繋がります。そこから安心感が生まれて円滑にコミュニケーションをする良い影響を与えます。社内報で取り上げられた社員や周りの社員たちは、社内報を意識するようになって仕事のモチベーションを上げていくことにもなります。別の部署で働いている社員の姿を見て、組織への一体感や連帯感を高めていく効果もあります。

社内の情報だけでなく、個人をクローズアップする事で社員同士のコミュニケーションを高める社内報。載る人、作る人、社員同士思いの共有に役立ちます。