これで仕事の能率アップ!?法人向けのパソコンについてのあれこれ

どんなパソコンを選べばいいの?会社のパソコンどうしよう?もっと仕事がはかどるようなパソコンが欲しい!そんな悩みをお抱えの担当者の方も多いと思います。単純にスペックの高いものを選ぶのではなく、どのような用途でパソコンを使用しているのか、またパソコンを置くスペースはどれくらいあるのか、等様々な目線から最適なものを選ぶ必要があります。設置したはいいものの、メンテの仕方がわからない。職場に最適なパソコンを…

続きを読む

これで仕事の能率アップ!?法人向けのパソコンについてのあれこれ

どんなパソコンを選べばいいの?

会社のパソコンどうしよう?もっと仕事がはかどるようなパソコンが欲しい!そんな悩みをお抱えの担当者の方も多いと思います。単純にスペックの高いものを選ぶのではなく、どのような用途でパソコンを使用しているのか、またパソコンを置くスペースはどれくらいあるのか、等様々な目線から最適なものを選ぶ必要があります。

設置したはいいものの、メンテの仕方がわからない。

職場に最適なパソコンを導入したはいいものの、パソコンがトラブってしまった、会社の中の人に聞いてもわからない、こうなってしまうとせっかく業務の改善をしたかったのに、台無しになってしまいますね。現在では法人専門のパソコンのトラブルに対応するパソコン整備士と呼ばれる資格を持ったスタッフがいる全国規模で展開している業者が対応してくれます。

PCのトラブルを避けるため、節電も重要!

PCのトラブルで特に避けたいのが停電です。突然の停電でデータがパーに、なんてなってしまうと目も当てられません。ディスプレイの明るさを調整したり、不要な機器の電源を消す、等の地道な対処も大切な他、デスクトップパソコンよりノートパソコンの方が消費電力が低いため、オフィスで不要だなと感じるデスクトップ型のパソコンはノートパソコンに変えてみるというのも節電方法の1つです。

法人PCのリースとレンタルの違い

法人向けのパソコンにはレンタルの業者とリースの業者の2種類があります。どちらもパソコンを貸し出すという意味では同じなのですが、貸し出す期間に違いがあります。レンタル業者は借りる側が期間を設定できるのに対し、リース業者は業者側が比較的長期の期間を決めて貸し出す、といった違いがあります。またレンタルは経費扱い、リースは基本的に資産計上という違いもあります。それぞれの会社にあったスタイルを選択しましょう。

メーカーのパソコンは自分が必要としているパーツがなかったり、逆に不要なパーツがついていたりします。ですがBTOパソコンは自分で任意にパーツが選べるので、自分の用途にぴったりのパソコンが手に入ります。