起業のやり方で大事なこと!計画よりも売上を上げること!

起業してから無いと困るのは売上起業してから売上を作ろうとしても、なかなかできるものではありません。そのため、始める前から売上の仕込みをしておくと良いでしょう。何が売れるのか、誰に売れるのかなどをリサーチしておきます。商品と潜在顧客が見つかっていれば、売上を作るのは難しくないでしょう。顧客を探すところから始めるとなると、時間がかかってしまいます。売れる商品が一つ見つかっていれば、それを基盤にして他の…

続きを読む

起業のやり方で大事なこと!計画よりも売上を上げること!

起業してから無いと困るのは売上

起業してから売上を作ろうとしても、なかなかできるものではありません。そのため、始める前から売上の仕込みをしておくと良いでしょう。何が売れるのか、誰に売れるのかなどをリサーチしておきます。商品と潜在顧客が見つかっていれば、売上を作るのは難しくないでしょう。顧客を探すところから始めるとなると、時間がかかってしまいます。売れる商品が一つ見つかっていれば、それを基盤にして他の商品へと広げられるのです。基盤がないと不安だし、何よりも資金が目減りしてしまいます。悪いサイクルに起業の最初から落ちてしまうと、次が無くなる可能性は少なくありません。そうならないためには、売上を上げる仕組みをなるべく早く作ることです。

売上を安定させるためにリスクヘッジをする

売上を一つの商品、一つのサービスに依存していると危険です。その売れるものがいつまで売れるは分からないからです。一つ売れるものが見つかったら、リスクヘッジのために他のもの売るようにします。それが売れるようになると、売れるものが二つになります。その方法で売れるものを探していき、商品が売れなくなったときのリスクヘッジにするのです。そんなに売れる商品を見つけられないと思うかもしれません。それは大ヒットを狙うからです。スマッシュヒットくらいでいいと考えれば、気持ちが楽になります。売れている商品を分析すれば、どのようなもの売れるか分かります。大ヒットにはつながらなくても、売れる商品を見つけることができるでしょう。

フランチャイズとは本部である法人や組織から、別の法人や個人が名称や商品、運営法などを使用することができる権利のことを言います。その権利を利用するには本部に対してその使用料を支払うのが一般的です。