企業や組織が社員研修を行う本当の目的とは

社員研修は新入社員のためだけじゃない一般的には4月の新入社員が入社するタイミングでほとんどの企業や組織が社員研修を行います。 挨拶や礼儀などお客様や取引先の方に対して失礼のないよう社会人としての一般常識を身につけるため、また、その企業で働くうえで必要になる技術やスキル、資格を習得するため、という大きな目的があります。新入社員が成長し一日もはやく一人前になってくれるよう会社が高額な費用を使っておこな…

続きを読む

企業や組織が社員研修を行う本当の目的とは

社員研修は新入社員のためだけじゃない

一般的には4月の新入社員が入社するタイミングでほとんどの企業や組織が社員研修を行います。
挨拶や礼儀などお客様や取引先の方に対して失礼のないよう社会人としての一般常識を身につけるため、また、その企業で働くうえで必要になる技術やスキル、資格を習得するため、という大きな目的があります。新入社員が成長し一日もはやく一人前になってくれるよう会社が高額な費用を使っておこなってくれるありがたい研修なのです。だからその研修には積極的に参加しなくてはいけません。
しかしこの社員研修には、その新入社員の成長のためだけじゃない一面もあるんです。それは、会社側がその社員の性格や適正を見分けるためにおこなわれているということです。
入社後すぐに配属先が決まらないという会社はたくさんありますよね。それは、その部署ごとに必要な資質を備えている人を配属させたいという会社の思惑があるからです。つまり新入社員は社員研修では見られているということです。
希望の部署があるならば、その希望が通るよう明るく元気に研修に参加するとよいかもしれませんね。

目立つことだけが大切ではない

社員研修では、仕事における個人のスキルも見られますが性格的な面も重要視されます。むしろ技術よりも性格のほうが重要かもしれませんね。
優等生になろうと、積極的に意見を言うなどの活発さももちろんアピールしたほうがよいのですが、度を押すと「我が強い」とか「協調性に欠ける」と判断されかねないのです。たまには聞き役に徹するなどの姿勢も大切です。

マネジメントゲームとは、企業の経営に必要な戦略などのスキルを習得できるようにしたシミュレーションゲームです。