従業員が積極的に学べる仕組み!!会社もコストダウンが図れる!!

従業員の自己努力を助ける仕組み一般的な知識などを学ぶ学校として小学校から高校があります。さらに専門的な内容が学べるのが大学や専門学校です。それらの学校を卒業すると就職し、これまで学んできた内容を生かして仕事をしていきます。しかし、勉強はこれで終わるわけではなく、仕事をする上で新たに学ばないといけない内容もあります。しかし仕事をしながら自分で勉強していくのは大変です。そこで会社が用意するのがeラーニ…

続きを読む

従業員が積極的に学べる仕組み!!会社もコストダウンが図れる!!

従業員の自己努力を助ける仕組み

一般的な知識などを学ぶ学校として小学校から高校があります。さらに専門的な内容が学べるのが大学や専門学校です。それらの学校を卒業すると就職し、これまで学んできた内容を生かして仕事をしていきます。しかし、勉強はこれで終わるわけではなく、仕事をする上で新たに学ばないといけない内容もあります。しかし仕事をしながら自分で勉強していくのは大変です。そこで会社が用意するのがeラーニングの仕組みです。インターネット上からいろいろな内容が学べるコンテンツを用意してくれていて、空いている時間を利用して学べます。資格取得のための勉強をしたり、新しい技術の習得のための勉強ができるようになっています。従業員の自己努力を後押ししてくれます。

教育の時間や教育のための準備を削減できる

会社に社員が入社したとき、新入社員教育を行います。通常は自社の教育担当者などが行いますが、最近は外部の教育機関を利用するところも増えています。人事部などを持たない会社では、教育担当者を用意したり準備をしたりするのはコストアップにつながります。外部の教育機関の利用の一つとして、eラーニングサービスの利用があります。インターネットやサーバなどに置かれた教育コンテンツを社員が自由に利用できる仕組みです。さすがに新入社員教育はeラーニングでは行えないでしょうが、それ以外の技術習得の教育などは代替が可能です。これまで就業時間内に行っていた教育を減らせますし、教育を行うための人材の確保や準備のコストなども削減できます。

近年、派遣のeラーニングの需要が高まっています。労働者派遣法の改正で、派遣労働者に対して教育訓練の機会を設けることが義務づけられたためです。多くの企業でインターネットによる通信教育が採用されています。