家具や家電の位置を確定させよう!!荷解きは使うものから行おう!!

大きな家具や家電の配置を確定させる引越しをするとき、まず旧居で荷造りをします。その後業者が荷物を運び出してくれ、新居では荷物の運び入れをしてくれます。最もシンプルなサービスは荷物の運び入れまでなので、それ以降は自分たちで作業をしなくてはいけません。荷解きをしたり、片付けが必要になります。やりがちなのはその辺りにある段ボールを適当に開けてそれから片付けようとする行為です。段ボールの中身は細かい荷物に…

続きを読む

家具や家電の位置を確定させよう!!荷解きは使うものから行おう!!

大きな家具や家電の配置を確定させる

引越しをするとき、まず旧居で荷造りをします。その後業者が荷物を運び出してくれ、新居では荷物の運び入れをしてくれます。最もシンプルなサービスは荷物の運び入れまでなので、それ以降は自分たちで作業をしなくてはいけません。荷解きをしたり、片付けが必要になります。やりがちなのはその辺りにある段ボールを適当に開けてそれから片付けようとする行為です。段ボールの中身は細かい荷物になり、いきなり荷解きをすると散乱して大変になります。まず段ボールはそのままにしておき、大きな家具や家電の配置を行います。事前に計画を立てていれば、引越し業者に所定の場所に置いてもらうことができます。これで自分たちで重い荷物を移動させる手間がなくなります。

使うものから優先的に開けていく

引越しの荷造りの鉄則として、使わないものから行うとされています。洋服なら、今とは逆の季節のものから行っていきます。食器類なら客用の物などから行うようにします。そして最後に普段使っているものを荷造りします。普段使うものから荷造りすると、また開けたりしまったりをしないといけないからです。逆に荷解きをして片付けをするときは、よく使うものから荷解きをします。洋服なら今の季節のものを整理し、食器なら普段食事につかうものから出していきます。今着ない洋服や使わない食器は、必ずしも今すぐ片付ける必要はありません。まず生活ができる準備が必要になります。使わないものはしばらく段ボールのままにしておき、時間があるときに少しずつ片づけるようにします。

不用品の回収は、大きな家具や家電などを持って行ってもらう事が可能で、回収手数料が品によって異なる点には注意しましょう。