起業のやり方で大事なこと!計画よりも売上を上げること!

起業してから無いと困るのは売上起業してから売上を作ろうとしても、なかなかできるものではありません。そのため、始める前から売上の仕込みをしておくと良いでしょう。何が売れるのか、誰に売れるのかなどをリサーチしておきます。商品と潜在顧客が見つかっていれば、売上を作るのは難しくないでしょう。顧客を探すところから始めるとなると、時間がかかってしまいます。売れる商品が一つ見つかっていれば、それを基盤にして他の…

続きを読む

起業のやり方で大事なこと!計画よりも売上を上げること!

起業してから無いと困るのは売上

起業してから売上を作ろうとしても、なかなかできるものではありません。そのため、始める前から売上の仕込みをしておくと良いでしょう。何が売れるのか、誰に売れるのかなどをリサーチしておきます。商品と潜在顧客が見つかっていれば、売上を作るのは難しくないでしょう。顧客を探すところから始めるとなると、時間がかかってしまいます。売れる商品が一つ見つかっていれば、それを基盤にして他の商品へと広げられるのです。基盤がないと不安だし、何よりも資金が目減りしてしまいます。悪いサイクルに起業の最初から落ちてしまうと、次が無くなる可能性は少なくありません。そうならないためには、売上を上げる仕組みをなるべく早く作ることです。

売上を安定させるためにリスクヘッジをする

売上を一つの商品、一つのサービスに依存していると危険です。その売れるものがいつまで売れるは分からないからです。一つ売れるものが見つかったら、リスクヘッジのために他のもの売るようにします。それが売れるようになると、売れるものが二つになります。その方法で売れるものを探していき、商品が売れなくなったときのリスクヘッジにするのです。そんなに売れる商品を見つけられないと思うかもしれません。それは大ヒットを狙うからです。スマッシュヒットくらいでいいと考えれば、気持ちが楽になります。売れている商品を分析すれば、どのようなもの売れるか分かります。大ヒットにはつながらなくても、売れる商品を見つけることができるでしょう。

フランチャイズとは本部である法人や組織から、別の法人や個人が名称や商品、運営法などを使用することができる権利のことを言います。その権利を利用するには本部に対してその使用料を支払うのが一般的です。

企業や組織が社員研修を行う本当の目的とは

社員研修は新入社員のためだけじゃない一般的には4月の新入社員が入社するタイミングでほとんどの企業や組織が社員研修を行います。 挨拶や礼儀などお客様や取引先の方に対して失礼のないよう社会人としての一般常識を身につけるため、また、その企業で働くうえで必要になる技術やスキル、資格を習得するため、という大きな目的があります。新入社員が成長し一日もはやく一人前になってくれるよう会社が高額な費用を使っておこな…

続きを読む

企業や組織が社員研修を行う本当の目的とは

社員研修は新入社員のためだけじゃない

一般的には4月の新入社員が入社するタイミングでほとんどの企業や組織が社員研修を行います。
挨拶や礼儀などお客様や取引先の方に対して失礼のないよう社会人としての一般常識を身につけるため、また、その企業で働くうえで必要になる技術やスキル、資格を習得するため、という大きな目的があります。新入社員が成長し一日もはやく一人前になってくれるよう会社が高額な費用を使っておこなってくれるありがたい研修なのです。だからその研修には積極的に参加しなくてはいけません。
しかしこの社員研修には、その新入社員の成長のためだけじゃない一面もあるんです。それは、会社側がその社員の性格や適正を見分けるためにおこなわれているということです。
入社後すぐに配属先が決まらないという会社はたくさんありますよね。それは、その部署ごとに必要な資質を備えている人を配属させたいという会社の思惑があるからです。つまり新入社員は社員研修では見られているということです。
希望の部署があるならば、その希望が通るよう明るく元気に研修に参加するとよいかもしれませんね。

目立つことだけが大切ではない

社員研修では、仕事における個人のスキルも見られますが性格的な面も重要視されます。むしろ技術よりも性格のほうが重要かもしれませんね。
優等生になろうと、積極的に意見を言うなどの活発さももちろんアピールしたほうがよいのですが、度を押すと「我が強い」とか「協調性に欠ける」と判断されかねないのです。たまには聞き役に徹するなどの姿勢も大切です。

マネジメントゲームとは、企業の経営に必要な戦略などのスキルを習得できるようにしたシミュレーションゲームです。

従業員が積極的に学べる仕組み!!会社もコストダウンが図れる!!

従業員の自己努力を助ける仕組み一般的な知識などを学ぶ学校として小学校から高校があります。さらに専門的な内容が学べるのが大学や専門学校です。それらの学校を卒業すると就職し、これまで学んできた内容を生かして仕事をしていきます。しかし、勉強はこれで終わるわけではなく、仕事をする上で新たに学ばないといけない内容もあります。しかし仕事をしながら自分で勉強していくのは大変です。そこで会社が用意するのがeラーニ…

続きを読む

従業員が積極的に学べる仕組み!!会社もコストダウンが図れる!!

従業員の自己努力を助ける仕組み

一般的な知識などを学ぶ学校として小学校から高校があります。さらに専門的な内容が学べるのが大学や専門学校です。それらの学校を卒業すると就職し、これまで学んできた内容を生かして仕事をしていきます。しかし、勉強はこれで終わるわけではなく、仕事をする上で新たに学ばないといけない内容もあります。しかし仕事をしながら自分で勉強していくのは大変です。そこで会社が用意するのがeラーニングの仕組みです。インターネット上からいろいろな内容が学べるコンテンツを用意してくれていて、空いている時間を利用して学べます。資格取得のための勉強をしたり、新しい技術の習得のための勉強ができるようになっています。従業員の自己努力を後押ししてくれます。

教育の時間や教育のための準備を削減できる

会社に社員が入社したとき、新入社員教育を行います。通常は自社の教育担当者などが行いますが、最近は外部の教育機関を利用するところも増えています。人事部などを持たない会社では、教育担当者を用意したり準備をしたりするのはコストアップにつながります。外部の教育機関の利用の一つとして、eラーニングサービスの利用があります。インターネットやサーバなどに置かれた教育コンテンツを社員が自由に利用できる仕組みです。さすがに新入社員教育はeラーニングでは行えないでしょうが、それ以外の技術習得の教育などは代替が可能です。これまで就業時間内に行っていた教育を減らせますし、教育を行うための人材の確保や準備のコストなども削減できます。

近年、派遣のeラーニングの需要が高まっています。労働者派遣法の改正で、派遣労働者に対して教育訓練の機会を設けることが義務づけられたためです。多くの企業でインターネットによる通信教育が採用されています。

こうすればできる!?難しくない自営業の始め方

自営業で重要になる手続きサラリーマンを辞めて自営業で働く場合は、役所まで書類を提出しなければいけません。そうしないと手続きをする手間が増えるので、早めに対応するべきでしょう。必要な手続きは職業によって変わりますが、役所で相談すればやり方を教えてくれます。 自営業で必要になるのは振込を行う口座で、これがないと色々困ります。役所に提出する書類ではお金のやり取りを、どのように行ったのか証明することがよく…

続きを読む

こうすればできる!?難しくない自営業の始め方

自営業で重要になる手続き

サラリーマンを辞めて自営業で働く場合は、役所まで書類を提出しなければいけません。そうしないと手続きをする手間が増えるので、早めに対応するべきでしょう。必要な手続きは職業によって変わりますが、役所で相談すればやり方を教えてくれます。

自営業で必要になるのは振込を行う口座で、これがないと色々困ります。役所に提出する書類ではお金のやり取りを、どのように行ったのか証明することがよくあります。専用の口座があれば説明がしやすいため、生活用のものとは別に作っておくと問題が起こりません。

また役所への登録は早めに行っておくと、税金の支払いで有利になれます。自営業では税の免除を受けられる制度がありますが、事前に登録しておかないと使えません。そのため自営業をする時は、早めにやっておかないと余計な税負担が発生します。

事前の準備が必要な税金対策

自営業をする時にトラブルになるのは、税金の対策をしていない場合です。サラリーマンの場合は税金の手続きを、会社の側でやってくれるので負担はありません。しかし自営業は全て自分で行うため、大きな負担になる場合が多いです。

税金への対策をする時に重要なのは、会計処理を適切に行うことです。帳簿が正しく作られていれば、役所で税金の手続きをしても困りません。しかし会計処理が適切でないと、税金の負担が増えるので気をつけるべきです。

また他でも気をつけたい所はあって、それは税金の支払いで必要になるお金の確保です。事業で支払う税金はかなり大きく、サラリーマンとは違ってまとまったお金がいります。必要なお金を事前に用意しなければならないので、早めに支払いの準備をしておくべきでしょう。

フランチャイズとは、親会社とそのブランド店舗を運営する加盟店との契約です。親会社はブランドの使用を認め、開店や経営のノウハウ、商品の供給などを提供し、加盟店はロイヤリティを支払います。

世界へ発信!ウェブサイトをグローバル化しよう

サイトを世界へ発信したいインターネットが普及したことにより世界中の人とやり取りが簡単に出来るようになりました。しかし、世界へ情報を発信するには日本語だけでは不完全です。特に英語が出来れば便利ではありますが、折角作ったサイトをまた新たに英語向けに作り直すのも手間です。それに翻訳するとなると英語に自信がなければ難しいものです。そこで便利なのが自動翻訳サービスです。既存のサイトへ導入するだけで簡単にサイ…

続きを読む

世界へ発信!ウェブサイトをグローバル化しよう

サイトを世界へ発信したい

インターネットが普及したことにより世界中の人とやり取りが簡単に出来るようになりました。しかし、世界へ情報を発信するには日本語だけでは不完全です。特に英語が出来れば便利ではありますが、折角作ったサイトをまた新たに英語向けに作り直すのも手間です。それに翻訳するとなると英語に自信がなければ難しいものです。そこで便利なのが自動翻訳サービスです。既存のサイトへ導入するだけで簡単にサイト全部を翻訳出来ます。外部サービスを利用するだけで良いので導入も手軽ですし、自分で翻訳する必要が無いので無駄なコストをかけることなく効率よく全世界へサイトを公開することが出来ます。

サイトの翻訳をするには

自分で翻訳して英語のサイトを用意するのも良いでしょうが、誤訳を生む可能性や余計なコストや時間がかかってしまいます。そんな時にサイトを自動で翻訳できるサービスを利用するとより早く効率よくサイトを翻訳することが出来ます。また、サービスによっては訪問者の国ごとに適切な言語へと自動で翻訳してくれるので、言語ごとにサイトを用意する必要が無いのも利点です。世界中の多くの人へ自分のサイトを見てもらう事を意識するのなら多くの言語で情報発信すると良いでしょう。ただ、こうした翻訳サービスを利用するには費用がかかるケースがあり、サービスによって機能や価格が違うので自身が納得いく物を使うようにしましょう。グローバルなサイトを目指すにはこのような言語翻訳サービスは大きな助けとなるはずです。

多言語サイトとは、使用しているブラウザの設定、あるいはメニューなどの機能によって、デフォルトの言語での表示からユーザーの希望する言語での表示に切り替えることができるサイトのことです。

家具や家電の位置を確定させよう!!荷解きは使うものから行おう!!

大きな家具や家電の配置を確定させる引越しをするとき、まず旧居で荷造りをします。その後業者が荷物を運び出してくれ、新居では荷物の運び入れをしてくれます。最もシンプルなサービスは荷物の運び入れまでなので、それ以降は自分たちで作業をしなくてはいけません。荷解きをしたり、片付けが必要になります。やりがちなのはその辺りにある段ボールを適当に開けてそれから片付けようとする行為です。段ボールの中身は細かい荷物に…

続きを読む

家具や家電の位置を確定させよう!!荷解きは使うものから行おう!!

大きな家具や家電の配置を確定させる

引越しをするとき、まず旧居で荷造りをします。その後業者が荷物を運び出してくれ、新居では荷物の運び入れをしてくれます。最もシンプルなサービスは荷物の運び入れまでなので、それ以降は自分たちで作業をしなくてはいけません。荷解きをしたり、片付けが必要になります。やりがちなのはその辺りにある段ボールを適当に開けてそれから片付けようとする行為です。段ボールの中身は細かい荷物になり、いきなり荷解きをすると散乱して大変になります。まず段ボールはそのままにしておき、大きな家具や家電の配置を行います。事前に計画を立てていれば、引越し業者に所定の場所に置いてもらうことができます。これで自分たちで重い荷物を移動させる手間がなくなります。

使うものから優先的に開けていく

引越しの荷造りの鉄則として、使わないものから行うとされています。洋服なら、今とは逆の季節のものから行っていきます。食器類なら客用の物などから行うようにします。そして最後に普段使っているものを荷造りします。普段使うものから荷造りすると、また開けたりしまったりをしないといけないからです。逆に荷解きをして片付けをするときは、よく使うものから荷解きをします。洋服なら今の季節のものを整理し、食器なら普段食事につかうものから出していきます。今着ない洋服や使わない食器は、必ずしも今すぐ片付ける必要はありません。まず生活ができる準備が必要になります。使わないものはしばらく段ボールのままにしておき、時間があるときに少しずつ片づけるようにします。

不用品の回収は、大きな家具や家電などを持って行ってもらう事が可能で、回収手数料が品によって異なる点には注意しましょう。

フランチャイズの活用法!経験なしでもビジネスが始められる!

フランチャイズは初心者でも大丈夫フランチャイズは本部が集めた知識やノウハウを、お金を払うことで活用することができます。本来であれば失敗を繰り返しながら乗り越えていくことを、経験なしに成功のノウハウを手に入れることが出来るのです。すでに儲けが出ることが分かっているビジネスモデルですので、失敗することが少ないです。そのため初心者にとっても参入しやすいビジネスになっています。ノウハウだけでなく具体的な戦…

続きを読む

フランチャイズの活用法!経験なしでもビジネスが始められる!

フランチャイズは初心者でも大丈夫

フランチャイズは本部が集めた知識やノウハウを、お金を払うことで活用することができます。本来であれば失敗を繰り返しながら乗り越えていくことを、経験なしに成功のノウハウを手に入れることが出来るのです。すでに儲けが出ることが分かっているビジネスモデルですので、失敗することが少ないです。そのため初心者にとっても参入しやすいビジネスになっています。

ノウハウだけでなく具体的な戦略も併せ持つ

フランチャイズの良いところは資金調達から、仕入れ先までしっかり整備されている所です。資金調達の方法が分からなくて、ビジネスが始められないということがありません。具体的にどの場所に出店すればいいか、何を仕入れればいいかなども本部からのアドバイスを受けることもできます。仕入れ先を開拓したり、戦略を練る必要がないのです。成功までの時間はかなり省略できます。任せられることは本部に任せて、自分ができることに集中するビジネスができるのです。

フランチャイズの強み

ビジネスで困ったときに相談できるのは、フランチャイズの強みです。間違った方向にいっている場合も注意をしてくれます。売り上げなどから分析して、注意を促すのです。傾き始めたビジネスを立て直すのは難しいですし、誰も傾いていることに気づかないことが多いです。フランチャイズであれば、そうなる前に気を付けるように言われるでしょう。傾く前であれは手は打てます。どのような手段がいいかも相談することはできるのです。自分では改善策が思い付かなくても、策を講じることができるのはフランチャイズだけかもしれません。

代理店を媒介としてサービスや商品を販売していく事によって、より多くの利益を生み出せるようになります。

理想的で持続可能な事業承継の「出口」とは?!

年々減少する親族への事業承継企業を持続させながら後継者に経営権をバトンタッチする事業承継は、中小企業のオーナー経営者が抱える大きな課題のひとつです。20年余り前は事業を承継するのは経営者の子どもや兄弟など、いわゆる親族内承継85%を占めていました。しかし現在では親族内承継は35%にまで減少し、親族外承継が65%に上昇しています。事業承継の出口は限られている親族外承継の方法は、社内の親族以外の役員や…

続きを読む

理想的で持続可能な事業承継の「出口」とは?!

年々減少する親族への事業承継

企業を持続させながら後継者に経営権をバトンタッチする事業承継は、中小企業のオーナー経営者が抱える大きな課題のひとつです。20年余り前は事業を承継するのは経営者の子どもや兄弟など、いわゆる親族内承継85%を占めていました。しかし現在では親族内承継は35%にまで減少し、親族外承継が65%に上昇しています。

事業承継の出口は限られている

親族外承継の方法は、社内の親族以外の役員や従業員から選ぶ、もしくは外部から経営者を入れる方法です。このほか会社を譲渡するM&Aという選択肢もありますが、いずれにしても事業承継の出口はこれらの中から経営者自身が選らばなければなりません。

親族内承継が減少した要因は?

かつては大半の会社が選んでいた親族内承継は、なぜ急激に減少したのでしょうか。いくつかの原因がありますが、ひとつは少子化の影響でそもそも継がせるべき子どもが減少していることが挙げられます。また、職業の選択肢が増え、子どもが大手企業で重責を担っていたり、医者や技術職など専門的な仕事に就いていて現場を離れられないという場合もあります。また「子どもには自分で選んだ道を進んでほしい」「先行きが不安で継がせたくない」「子どもは経営者の器ではない」という親心も垣間見ることができます。

役員や従業員への承継で注意すべきポイント

親族以外の社内の役員や従業員から後継者を選ぶ場合、できるだけ早期に後継者選びに着手した方が賢明です。後継者候補を決め、早めに社内に周知することで派閥争いなど無用な混乱を食い止めることが可能です。また事業承継に早く着手することで、後継者候補の力量を十分に見極めることができます。時間に猶予がない場合、もし後継者候補の力量不足が露呈した場合、別の候補を選びなおすことができません。

事業承継を行うにはこれまでの業務内容を具体的にマニュアル化する必要があります。客観的に読んで理解できるマニュアルを制作しましょう。